/
イルミオカルチャー

インサイド・イルミオ:アレックス・ゴラー

Inside Illumioは、イルミオの世界クラスの製品の背後にいる優れた人物に焦点を当てた月刊シリーズです。各投稿では、私たちのチームのメンバーにスポットライトを当てるために、舞台裏をのぞいてみましょう。私たちのことをもう少しよく知り、イルミオの文化がユニークな理由についてもっと学びましょう。

今月、会いましょう イルミオのシニア・システム・エンジニア、アレックス・ゴラー。彼のチョコレートラボであるロッシ氏、彼のスキーへの愛情、そして彼がどのようにしてソフトウェアの開発から販売に転向したのかを聞いてください。

あなた自身について教えてください。イルミオでは何をしていますか?

私は過去2年間、ドイツのミュンヘンでIllumioでシステムおよびセールスエンジニアとして働いてきました。私たちは営業担当者やアカウント担当者と緊密に連携して、お客様に可能な限り最高のテクニカルユーザーエクスペリエンスを提供しています。お客様や見込み客に製品を説明したり、製品デモを行ったり、出てきた技術的な質問に答えたりします。さまざまな利害関係者と管理しなければならない関係がたくさんあるので、とても面白い仕事です。テクノロジーも大好きで、キャリアの早い段階で開発職に就いていました。開発は毎日同じであることに気づき、10 年か 15 年後、もっと人に触れる機会を増やしたいと思いました。それが私が営業に携わったきっかけです。

あなたにとって 1 日の仕事とはどのようなものですか?

出張や顧客との面談は、これまで私の仕事のかなりの部分を占めてきましたが、今でもそうですが、今では会議は100%リモートで行われています。つまり、家族や犬と過ごす時間が増えるということですが、お客様とお互いを知るのに役立つような顧客との対面でのやりとりができないため、少しやりがいもあります。それが恋しいです。

私のカレンダーには、まだ顧客会議や製品デモが満載です。顧客と話をしていないときは、製品またはテクニカルマーケティングの担当者と会って、製品のさまざまな部分を顧客に詳しく説明できるようにしています。空き時間があるときは、API のような技術的なことをいろいろ試すのが好きです。私はこの製品に本当に情熱を注いでいます。私たちのソリューションは人々にとって正しいことであり、正しい方法でもあると確信しています。

あなたが取り組んでいる中で、ワクワクしていることは何ですか?

最近のハッカソンに参加できてとても楽しかったです。普段の仕事から少し離れるために私たちが主催したハッカソンに参加できたのはとても楽しかったです。また、社内の他の人と共有するデモ環境やラボ環境を設定したり自動化したりするのも好きです。とてもやりがいがあるからです。究極的には、最終的に他の人を助けることになる自動化プロジェクトに取り組むことが、私にとって最もエキサイティングなことです。

仕事中にどうやって照明を当てているの?

今は主にZoomミーティングで仕事をしているので、休憩時間には愛犬やチョコレートラボのロッシさんを散歩させるのが大好きです。私は通常、朝か昼食時に彼を散歩させますが、これは「オフィス」から出るのに最適な方法です。散歩中も電話に出ます。また、イルミオと直接つながっている多くのテクノロジーについていくのも好きなので、本やオンラインコンテンツをたくさん読んで、一日中インスピレーションを得ます。

最近は何を見ているか、何をして暇つぶしをしていますか?

私は家の周りでマニアックなことをたくさんするのが好きです。私が持っているものはすべて自動化されています。Siriを使って窓のブラインドを閉めたり、その他の楽しいことをしたりできます。そうだね、かなりマニアックだね。もちろん、空き時間にはネットフリックスやアマゾンでいくつかの番組も見ています。

イルミオでこれまでに学んだ最も重要なことは何ですか?

私たちは 本当に イルミオの価値観を日々生きています。私がここに来たとき、ベストを尽くすこと、会議の準備をすることについてたくさん話されていましたが、それは私がこれまで意識していなかったことでした。しかし、個人的なモットーとして「準備を整える」ことと、それを常に自分に言い聞かせることで、仕事が上達し、お客様によりよく注意を払うことができるようになりました。その気持ちは、私がこの会社について本当に感謝しているところです。また、イルミオの全員がベストを尽くして挑戦しています。それは重要なことです。この会社で誰かと嫌な経験をしたことは一度もありません。

キャリア以外で情熱を傾けていることは何ですか?

私はスポーツが大好きです。私は熱心なマウンテンバイカーです。私は過去に何回かレースをしたことがあり、そのためのトレーニングに多くの時間を費やしています。スキーも大好きで、できる限りゲレンデに出るようにしています。私は運が良く、アルプスのすぐ近くに住んでいます。次のリフトまで約20分です。アメリカでもたくさんスキーをしていて、ヨーロッパとはずいぶん違います。通常、セールスのキックオフがあるときは、その機会を利用して、ソルトレイクシティ、テルライド、さらにはジャクソンホールなど、西部のゲレンデに出かけます。アメリカでスキーをするのは本当に素晴らしい経験です。

イルミオのコアバリューの中で、最も共感できるのはどれですか?その理由は?

私は2つ持っています: ベストを尽くして そして 挑戦しろ 私はいつも、チームとお客様のためにできる限りのことをしようと努めています。私はベストを尽くそうと努めており、イルミオのみんながそれをとてもうまくやっていると感じています。さっきも言ったように、イルミオ内の誰かと嫌な経験をしたことは一度もありません。商談を成立させたり、顧客を支援したりするために、時にはさらに努力しなければならないこともあるので、課題にぶつかることも営業にとって重要です。

イルミオで働くことについて人々に知ってもらいたいことは何ですか?

働きがいのある職場の一つだと思います。これは間違いなく、私が今までに経験した中で最高の仕事のひとつです。私の同僚とチームの他のメンバーはみんなとても素晴らしいです。誰もが助けてくれて、私たちのコアバリューを実践しています。私たちは皆、お互いを信頼し、必要なサポートがすべて受けられることを知っています。

アレックスと #TeamIllumio に加わろう!私たちのものをチェックしてください現在の求人

関連トピック

アイテムが見つかりません。

関連記事

インサイド・イルミオ:ジャック・バグショー
イルミオカルチャー

インサイド・イルミオ:ジャック・バグショー

イルミオのリージョナルセールスマネージャー、ジャック・バグショーに会いましょう。

インサイド・イルミオ:チャンドニ・アディアニ
イルミオカルチャー

インサイド・イルミオ:チャンドニ・アディアニ

Inside Illumioは、イルミオの世界クラスの製品を紹介する月刊シリーズです。今月は、カリフォルニアに拠点を置くイルミオのレベニュー・オペレーション担当シニア・マネージャー、チャンドニ・アディアニに会いましょう。

インサイド・イルミオ:グラント・レクサー
イルミオカルチャー

インサイド・イルミオ:グラント・レクサー

Inside Illumioは、イルミオの世界クラスの製品を紹介する月刊シリーズです。今月は、イリノイ州に拠点を置くイルミオのシニア・カスタマー・サクセス・アドバイザーであるグラント・レクサーに会いましょう。

アイテムが見つかりません。

違反を想定.
影響を最小限に抑えます。
レジリエンスを高めます。

ゼロトラストセグメンテーションについて詳しく知る準備はできていますか?