ゼロ・トラスト・セグメンテーションがクラウドを守る

Illumioは、クラウドの死角をなくし、継続的に露出を減らすことができます。

組織は、クラウドへの安全な移行に苦労している

デジタルトランスフォーメーションにより、パブリッククラウドプラットフォームやクラウドネイティブサービスの導入が急速に進んでいる。ベスト・オブ・ブリードのサービスを活用するために、マルチクラウド・アーキテクチャがますます一般的になってきている。その一方で、ミッションクリティカルなデータやコンピューティングサービスは、クラウドベースの新たなサイバー脅威にさらされている。

  • 88%

    88%の組織が、パブリッククラウドインフラストラクチャまたはプラットフォームサービス上で本番アプリケーションを実行しています。

  • トップ
    15

    企業が直面している(またはクラウドネイティブアプリケーションで直面すると予想される)最大の課題トップ15のうち、セキュリティが1番の懸念事項であると回答しています。

  • 4.3x

    ゼロトラストセグメンテーションが成熟している組織では、環境間のトラフィックを包括的に可視化できると報告する確率が4.3倍高くなっています。

攻撃者はクラウドの盲点を利用する

クラウドを完全に可視化しなければ、セキュリティ・ギャップに脆弱な組織を放置することになり、サイバー攻撃者がネットワークを容易に通過できるようになる。

クラウドセキュリティの課題

  • 拡大鏡

    クラウドの盲点

    セキュリティチームは、クラウド上で何が実行されているかをリアルタイムで把握することに苦労しています。

  • スクリーンにシールドが貼られたノートパソコン

    アプリケーションの認識

    ハイブリッド環境では、アプリケーション、ユーザー、コンピューティングリソース間の通信動作を理解することが困難です。

  • 歯車のイラスト

    セキュリティギャップ

    一貫性のある明確なセキュリティポリシーの欠如は、重要なデータやアプリケーションの不必要なネットワーク露出につながります。

クラウドの盲点をなくし、安心してパブリッククラウドサービスを採用することに重点を置く企業にとって、Illumio Zero Trust Segmentation Platformは、リアルタイムのインサイトを活用して、ネットワーク露出のリスクを効果的に低減し、セキュリティポリシーを自動化し、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境全体にオーケストレーションされた一貫性のあるセキュリティを適用します。

ゼロ・トラスト・セグメンテーションでクラウドのリスクを把握し、侵害を食い止める

  • 完全な可視化を実現する

    ハイブリッドやマルチクラウド環境におけるトラフィックフローをリアルタイムに把握することで、セキュリティの盲点をなくすことができます。

  • すべての依存関係を理解する

    インタラクションを明確に把握し、アプリケーションがどのように通信しているかを完全に理解することができます。

  • セキュリティを一貫して適用する

    ゼロトラストセグメンテーションを使用して、データセンターとパブリッククラウド間で暴露を制限し、最小限の権限でアクセスできるようにする。

最新の組織はIllumioでクラウドをセキュアに

Illumio CloudSecureに興奮しているのは、AzureとAWSを横断して、他では不可能だったリスクをこれほど明確かつ有益な方法で可視化できるようになるからです。このセキュリティの統一されたビューは、私たちのデータをさらに保護し、Zero Trustの姿勢に近づけるでしょう。
グレッグ・ライベル

クラウド&セキュリティアーキテクト、
イクゾム

「Illumio CloudSecureによって、クラウドネイティブなアプリケーション全体のリスクをIT環境全体と同じビューで確認できるようになり、クラウドリスクの評価と優先順位付け、データを保護するゼロ・トラスト・ポリシーの構築、そしてより継続的なビジネス保護ができるようになります。
匿名


グローバル法律事務所、インフラ部門責任者

Illumio CloudSecureは、クラウドネイティブアプリケーション全体のリスクをIT環境全体と同じビューで確認できるようになり、クラウドリスクの評価と優先順位付け、データを保護するZero Trustポリシーの構築、そしてより継続的にビジネスを保護することができるようになりました。
匿名

ウェストベンド相互保険

クラウド・セキュリティの導入準備はできていますか?