/

米国のサイバー戦略には説明責任がなく、ランサムウェアの被害も深刻化している

イルミオのゲイリー・バーレットが、バイデン政権によって展開された新しい国家サイバーセキュリティ戦略が、即時の影響と説明責任という2つの重要な分野で不十分である理由を説明しています。

関連ニュース

Next Gov
イルミオ

How Skills-Based Hiring Enhances National Security

Illumio Gary's Barlet explains how a forthcoming policy promises to broaden the federal talent pool, alleviate talent shortages and improve employee retention, but more must be done.

CSO Online
イルミオ

8 Critical Lessons from the Change Healthcare Ransomware Catastrophe

Trevor Dearing, Director of Critical Infrastructure at Illumio, explains why a lack of efficient security controls is often a factor in a successful ransomware attack

CRN UK
イルミオ

Illumio Brings in New EMEA Channel Head from Okta

Pete Wilson will lead the Zero Trust vendor's channel strategy, aiming to grow and diversify its partner network

違反を想定.
影響を最小限に抑えます。
レジリエンスを高めます。

ゼロトラストセグメンテーションについて詳しく知る準備はできていますか?