Illumio Endpoint

エンドユーザー・デバイスのセグメンテーション

ネットワーク侵害の原因は、エンドポイントであることが多い

あらゆるエンドポイントを確実にセグメント化し、侵害がビジネス災害につながらないようにします。

  • 74%

    組織の74%が、EDRがすべての悪意のある行為をブロックまたは検出すると期待していますが、それでも大半の組織は依然として侵害を受けています。

  • 46%

    ビジネスリーダーの46%が、EDRのようなエンドポイント・セキュリティソリューションを導入しているにもかかわらず、ゼロデイ攻撃について最も懸念しています。

  • 88%

    ゼロ・トラスト・セグメンテーションの先駆者の88%が、セキュリティ・チームの帯域幅と運用効率の向上を報告している。

エンドポイントまでゼロトラストを拡張する

アプリケーションアクセスを制御する

エンドポイントをデータセンターに簡単に接続させないでください。定義されたユーザーのみが適切なアプリケーションにアクセスできるようにすべきです。

エンドポイントの露出をセキュリティ保護する

他のセキュリティ・ツールによって攻撃が検出されることを待たずに、サイバー攻撃を単一のデバイスに隔離します。

エンドポイントの安全な露出

他のセキュリティツールで攻撃が検知される前に、サイバー攻撃を1台のデバイスに隔離することができます。

Illumio Endpointが実際に使われているのを見る準備はできていますか?

Illumioエンドポイントの機能

  • 拡大鏡

    エンドポイント・トラフィックの可視性

    エンドポイント・トラフィックを可視化して、迅速かつ容易にトラブルシューティングを実現します。

  • デフォルトで拒否する

    ノートパソコン、VDI、ワークステーションとの間で必要な通信以外をすべて遮断します。

  • ロックのアイコン

    ゼロデイリスクを制限する

    攻撃によるシグネチャが作成され、既存のセキュリティツールで検出されることを待つことなく環境を保護します。

  • 左上の点線(ティール)を除き、実線の正方形で構成される。

    ネットワークへはゼロタッチ

    NACやSD-WANとは異なり、ネットワークに縛られないエンドポイント・セグメンテーションを使用します。

  • 点線で区切られた2人

    ユーザーベースのアクセス

    IDベースのグループポリシーを展開して、Active DirectoryグループとデバイスIDによるユーザーアプリケーションアクセスを制限します。

  • ウェブブラウザ内のチェックリストの例

    動的なポリシー制御

    デバイスが企業環境外で使用される場合、セグメンテーションポリシーを自動的に変更します。

世界の最大級の組織が Illumioで侵害の拡散を阻止

Illumioは、単一の管理パネルから、サイバー攻撃の回避、リスク知識の向上、データセンターおよびクラウド環境におけるアプリケーションのセキュリティ運用の簡素化に大きく貢献しています。
コミュニケーション担当アシスタントディレクター

サービス機構

イルミオのおかげで、ゼロトラストを非常に効率的、効果的、安価に行うことができています。そして、すべてのエンドポイントをカバーできるようになった今、これ以上ないほど幸せです。
ティム・フランシス

ITマネージャー、
Hartwig

私たちは、Illumioを本番に導入するのがいかに簡単であったかに圧倒されました。コンソールは驚くほど直感的で、以前は持っていなかったクライアントシステムのネットワーク可視性を提供します。
インフォメーションテクノロジー担当ディレクター

金融サービス会社

Illumio Endpointがワークステーション、ラップトップ、VDI上でどのようにZTSを実現しているかをご覧ください。

 
デモを見る